arrow_circle_down arrow_circle_right arrow_circle_top arrow_down arrow_top case facility flow maintenance ope scroll voice


検索

インプラントコラム
column

千仁会ちだ歯科クリニック、インプラントオフィス大通に、3Shape社のTrios3(トリオススリー)という口腔内スキャナーを導入いたしました。この機械はインプラント治療で歯の型を取る際に使用するものです。粘土のような材料をお口に入れることなく、機械の先端で歯の周りをなぞるだけで歯の型が取ることができます。


 


通常の型取り


従来では、お口の中に粘土のような材料をたくさん入れて、固まるまで数分待たなければならないため、苦しい思いや嘔吐感を経験された方もいらっしゃるかと思いますが、この機械を使用すれば、お口の中に入るのは機械の先端だけなので、そういった辛さを軽減することができます。


 


流れ


機械の先端をお口の中に入れると、歯と歯茎を認識し写真を撮影して3Dデータを作成します。認識も素早いため、2~3分で作業は終了します。
作成した3Dデータを使用し、3Dプリンターで歯の模型を作って噛み合わせをみたり、人工の歯を作ったりすることができます。


 


衛生管理


口腔内に入る機械の先端は取り外しができるようになっています。一度使用したものは機械にかけて滅菌処理を行っておりますので、ご安心下さい。


 


機械を使用するメリット


苦痛がおさえられ、作業工程が減り、また型取りや模型の枠などの材料を省略できるので、環境にも優しいです。

患者さんにとっては苦しい思いを軽減、また機械を使用することで医院側の作業工程が減るため、来院回数が今までよりも抑えられます。

医院側としては、3Dデータを使って3Dプリンターで歯の模型を作ったり、患者さんに合った被せ物を作成するため、非常に正確なものを作ることができます。
機械を使用することにより、歯の型がうまく取れない、作った模型の情報が少ないということがなくなります。
この機械を使えば、どこまでデータとして読み込めたかがリアルタイムに画面に映し出されるので、取り落としがありませんし、撮影された画像は高画質で、実際にお口の中を見るのと同じくらいの画質でお口の中をチェックすることができます。

この記事を家族・友達に教える

過去のアーカイブ
Archive

TOP