arrow_circle_down arrow_circle_right arrow_circle_top arrow_down arrow_top case facility flow maintenance ope scroll voice


検索

お知らせ
news

定期的な歯科健診のメリット


歯科の定期的な健診に、どのようなイメージをお持ちですか?もしかすると、定期的な通院が面倒等といったマイナスなイメージをお持ちの方もいらっしゃるかと思います。お口の中がスッキリしたり、むし歯が小さいうちに治療でき、受けて良かったなと良い思いでお帰り頂くのが私達の願いです。
そこで、今月号では歯科の定期健診を受けることで得られる良いこと、をご紹介します。


口臭の軽減


口臭の原因の90%以上はお口の中に原因があります。歯周病や進行したむし歯などの病気の他に、舌苔(舌に付着する白っぽいもの)・清掃不良・歯垢(プラークという細菌の塊)・歯石(歯垢が硬くなったもの)なども口臭の原因となります。定期健診時のクリーニングでは、これらを除去しますので、口臭の軽減が期待できます。


見た目もキレイに


コーヒーや緑茶・紅茶等の色素や、タバコのヤニなどが歯の表面に付着することで、くすみや歯が黄ばんできた、といった見た目が悪くなる原因となります。歯石や着色汚れを取り除くことで、口元の見た目が綺麗になる場合があります。歯本来の色より白くしたいという場合には、ホワイトニングをおすすめしています。


病気の早期治療


定期的にお口の中をチェックすることで、むし歯や歯周病等のお口の病気を小さいうちに発見でき、重症化する前に治療ができる為、治療を受ける負担や費用も少なく済みます。
病気を早期で治療できることや、むし歯や歯周病予防にも繋がるクリーニングなどがメリットとなり、自分の歯を大切に長く使っていくことができます。いつまでも自分の歯で元気に食事が出来れば、食事を楽しめ、栄養をしっかり摂取することができます。
いつまでも自分の歯で、そして元気に過ごすため、歯科定期健診を受けましょう。



出典:日本口腔外科学会、日本臨床歯周病学会、糖尿病情報センター



歯周病と全身疾患


◇動脈硬化


歯周病の原因菌等の刺激により、動脈硬化を誘導する物質が出て、血管内に沈殿物ができます。この沈殿物が剥がれてできた血の塊が詰まると、場所によって脳梗塞や心筋梗塞等を発症します。定期的にお口の中のクリーニングをすることで歯周病を予防、また治療し、血管で悪さをさせない事が動脈硬化の予防に繋がります。


◇糖尿病


歯周病は糖尿病の合併症の1つに上げられており、また歯周病になると糖尿病の症状が悪化するという負の連鎖がおこります。しかし、歯周病の治療をきちんと行うと、血糖値が改善することもわかっています。


◇誤嚥性肺炎


お口の中の細菌が肺に入り、誤嚥性肺炎を発症することがあります。歯周病を治療したり歯石を除去したりして、お口の中の細菌を減らすことが誤嚥性肺炎の予防になります。



2018年はどんな1年でしたか?


新川駅前歯科クリニック
院長 大塚 祐輝


今年は自分にとって試される一年となりました。とても大変でしたが、スタッフの一生懸命なサポートがありなんとか乗り切ることができました。普段から感謝の気持ちでいっぱいですが、それを言葉にして伝えていくことを心がけていきたいと思います。


ちだ歯科クリニック
歯科医師 大畠 祐夢


今年を振り返ると、あっという間の一年間でした。毎日患者さんや周りの先生方、スタッフの方々に支えて頂き、自分自身大きく成長する事ができました。今年学んだ事、経験できたことを大切にし、これからも頑張っていきたいと思います。


皆さんはどんな1年でしたか?
皆さんにとって来年1年が、素敵な1年となりますように!



ワンポイント


歯を磨くときは、歯ぐきを痛めないように力の入れすぎに注意しましょう♪




ファイルを開く

この記事を家族・友達に教える

過去のアーカイブ
Archive

TOP