HOME > インプラント > よくある質問

よくある質問

Question

A
当院で使用しているノーベルバイオケア社製デンタルインプラント(原産国スウェーデン)の世界的な実績は、95%以上の成功率です。
当院では幸いなことに、今のところ100%の成功率です。(平成22年7月1日現在)
医療において「絶対」ということはないのですが、インプラント治療を自信を持って提供できる成功率を誇っています。
A
専門の研修を受け、経験を積んだ歯科医師のみがインプラント手術を行うことができます。
A
インプラントそのものの治療期間は、手術後はしばらく安定を図るためにインプラントが骨と結合するのを待ち、約8週間後に最終的な人工歯冠を合着することになります。
ただし、事前に周囲の歯の虫歯の治療や、歯周病の治療が必要な場合もあります。その場合はそれらの治療が一段落してからインプラントの処置に取り掛かることになりますので治療期間は長期に及ぶ場合があります。
また、インプラント予定部位の骨増生手術が必要な場合は、骨増生手術後に約10ヶ月安定期間を置きますので、治療期間はほぼ1年になります。
A
1歯欠損の場合、(+CT検査/5,250円)、インプラント1本(上部構造を含む)/315,000円、手術費/210,000円、合計525,000円の費用がかかります。
詳しくは、料金のページをご覧ください。
A
2,000円~3,000円程度です。
A
年齢制限はありません。
全身的な疾患がある場合は、インプラント手術が適していない場合もあります。
詳しい診査をした上で、より安全な手術を提案させていただきます。
A
ご自身の健康に気を配っている方に最適です。お口の中の健康は、全身的な健康につながります。その他の局所的なこととして、
  • ・歯を削りたくない方
  • ・ブリッジや入れ歯の欠点をご存知の方
  • ・入れ歯が合わない方
  • ・固いものを食べたい方
  • ・あごの骨がしっかりしている方
  • ・喫煙しない方
などがあります。
A
重度の糖尿病、重度の腎臓病、重度の骨粗しょう症、などの方はインプラントの手術をお勧めできない場合があります。
また、インプラント治療後の定期健診にお越しいただけない方にはお勧めできません。
A
即日インプラントは、即日インプラントが適した患者さんにだけおすすめいたします。
すべてのインプラントが即日インプラントに適しているわけではありません。
A
入院の必要はありません。
ほとんどの手術が局所麻酔下で行われますので、当日帰宅できます。
A
手術中はしっかり麻酔が効いているので痛みはありません。
術後は半日から2日程度痛みが残る場合があります。 痛み止めの服用でコントロールできる範囲の痛みです。
A
1本のみの手術であれば 手術時間は30分程度です。
事前の麻酔や術後の処置を含めて1時間から1時間半程度の場合が多いと思います。
複数本を同時に手術する場合や、骨増生手術を同時に行う場合は1時間半から2時間半程度に及ぶ場合もあります。
A
お口を開けて頂く時間が長いことは事実です。ただし、ずっと開けたままでいる必要はありません。随時お口を閉じてひと休みする時間をとることができます。また、必要に応じてトイレ休憩などを取ることも可能です。
A
全く不可能ではありませんが、可能な限り身体をゆっくり休めて頂くことをお勧めいたします。手術当日の無理な運動などは手術の成功率を下げる原因となります。手術当日はゆっくりお休み頂けるような日程調整を行った上で手術に臨んで頂いた方が良いと思います。
翌日も重労働はさけ、お休みもしくは軽作業ですませることができればより良いと思います
A
手術直前に軽食などをお摂りになってからご来院されることをお勧めします。手術後は手術部位の血餅(かさぶた)がかたまり、麻酔が覚めるまで約2~3時間程度はお食事を控えていただくことになります。その後は手術部位に負担が掛からないようにご配慮頂きながら食事を摂って頂くことが可能です。翌日からは通常通り食事して頂くことが可能な場合が多いです。処置範囲の大きさによってはしばらく固いものをさけて頂くような指示を行う場合があります。そのような場合に関しては個別にご説明させていただきます。
A
手術当日はお風呂を引き合えていただく場合が多いです。手術の時間帯(午前か午後か)や処置範囲の大きさにもよって異なりますが、シャワー程度ならば可能な場合もあります。
A
手術当日は、処置部位の近くは歯磨きを避けていただきます。うがいも傷口に刺激を与えるため避けていただく場合があります。処置部位から離れた箇所は歯磨きをしていただくことが可能です。翌日以降は傷の治り具合に応じてうがい薬によるうがいを開始していただき、数日後からインプラント周囲の歯磨きを開始していただきます。歯磨き開始の時期や、使用する歯ブラシなどに関しては傷の治り具合に応じて随時ご説明いたします。
A
インプラントに限らず、すべての外科手術は術後に腫れる場合があります。1日から1週間程度腫れが残る場合があります。
A
仮歯をお作りすることが可能な場合が多いです。最短では手術当日に仮歯をお作りする「即日インプラント」という手法もあります。仮歯をお作りすることが可能な時期に関しては個別にご相談に応じます。仮歯を作らず傷の安静を図るほうがよい場合もあります。
A
当日はなるべく手術部位付近を使用しないように食事を摂っていただき、歯磨きも手術部位周辺はしないようにしていただきます。うがいもなるべく避けていただきます。 翌日からはうがい薬を使用してうがいをするようにしていただきます。食事は通常通り食べ始めることが可能になります。
約1週間後(傷の治り具合に応じて)インプラント本体の歯磨きを開始していただきます。傷口を縫合した場合は1週間後から10日後をめどに糸を除去します。
その後は約2ヵ月後まで週1回程度ご来院いただき状況のチェックとインプラント体の清掃等を行います。
人工歯冠が入った後は、1ヶ月~3ヶ月ごとに定期健診を受診いただきメンテナンスを続けていきます。 インプラントや周囲の歯の汚れ具合に応じて歯磨きの方法などのアドバイスも行います
A
可能です。
すべての歯を、インプラントで「再生」させる方法や、数本のインプラントの上に義歯を固定安定させる方法があります。 詳しい診査の上で、より安全な治療方法を提案させていただきます。
A
交通事故や、転倒などによる事故により歯を失った方には、特にお勧めです。 審美的にも、機能的にも満足度の高いインプラント治療を提供します。
A
現在歯周病が進行中の方にはおすすめできません。
歯周病の治療をしっかりお受けになり、歯周病がコントロール可能な状態(完治しなくとも、進行を止められる状態)になればインプラントの手術が可能です。その後も、歯周病の再発を予防し、健康な状態を維持するために、定期的なお手入れが必要になります。
当院では、インプラントの治療を受けた患者さんには歯周病予防のため1ヶ月~3ヶ月ごとの定期検診をおすすめしております。
A
重度の糖尿病の方にはおすすめできません。
軽度の方であればインプラントの手術を行うことが可能です。糖尿病が悪化すると、せっかく入れたインプラントの歯の持ちが悪くなります。糖尿病を良い状態にコントロールする努力が必要です。
A
インプラント本体に使用されている純チタンは金属アレルギーを起こす可能性は極めて低いです。当院では、1例も確認されていません。
A
もちろん、できます。
当院では、多様な骨を増やす手術(GBR法、サイナスリフト法、ソケットリフト法、スプリットクレスト法)を提供できる環境が整っております。これらの方法も、患者さんの外科的負担を最小限に抑える努力をしております。
詳しい診査の上で、より安全な方法を提案させていただきます。
A
誰でも、インプラント治療を受けることはできます。
ただし、全身的な健康状態や、お口の中の健康状態、歯茎の骨の状態などによってインプラントをおすすめできる方と、そうでない方がいらっしゃいます。 また、お口の中の部位によっても状態が異なる場合があります。
十分な診査の上、より安全で快適なインプラント治療を提案させていただきます。
A
  • ・なんでも良く噛むことができる。
  • ・入れ歯のような不快感や、手入れの煩わしさがない。
  • ・まわりの残っている歯に負担をかけないので、ご自身の天然歯が長持ちする。
  • ・噛む刺激により老化を防げる。
  • ・食事を十分に楽しむことができ、食事中に笑顔があふれる。
  • ・長生きにつながる。
A
▼手術が必要
インプラント治療には必ず手術が必要です。当院では、できるだけ痛みの少ない刺激の少ない手術を心がけておりますのでご安心ください。「患者さんの声」をご参照ください。

▼治療期間がかかる
通常手術をしてから歯が入るまでに2~5か月かかります。当院では最小限の手術を心がけているので、治療期間が短いのが特徴です。

▼費用がかかる
インプラント治療は高度先進医療のため、健康保険の対象外です。 インプラントの長期的なメリットを考えると決して高い費用とは言えません。
A
一つの目安を10年と考えています。定期健診や歯科衛生士によるメンテナンスでそれ以上長持ちするケースが多いです。
A
インプラントの周囲にあるご自身の歯の歯周病を予防することが長持ちさせる最大のキーポイントです。そのためには定期的な歯のクリーニングをお受けいただき歯石などの汚れや付着物を取り除くことが必要です。
当院では状態に応じて1~3ヵ月ごとの定期健診受診をお勧めしております。
A
天然の歯とほぼ同じように噛むことができます。日常生活では特に食べ物を区別することなく何でも食べていただくことが可能です。
A
これまで取り外し式の義歯が上手く合わず、食事や会話にご不便を感じていらしたならば、インプラント治療はそのようなご不便を解消し、義歯のわずらわしさを気にすることなく食事や会話を楽しんでいただくことが可能になると思います。
おでかけ先などで、心置きなくおいしいお料理を楽しんでいただくことが可能になると思います。 そういう面では貴方の生活の質を一部分改善することのお手伝いができると思います。
A
インプラントを末永く安心して使用いただくためには定期健診が必要です。
インプラント本体およびその周囲にあるご自身の歯の歯周病を予防することが 長持ちさせる最大のキーポイントです。 そのためには定期的な歯のクリーニングをお受けいただき歯石などの汚れや付着物を取り除くことが必要です。
当院では状態に応じて1~3ヵ月ごとの定期健診受診をお勧めしております。
  • 治療費はどのくらいかかるの?
  • 診療予約をしよう!
  • まずは無料診断

PAGE TOP

IMPLANT MENU

  • インプラントとは
  • 治療の7つの理由
  • 治療の費用
  • 治療のステップ
  • 設備紹介
  • Q&A完璧36質問
  • 患者さんの声
  • 認定歯科医師の紹介

WHITENING MENU

  • 千仁会のホワイトニング
  • ホワイトニングの施術の流れ

診療ご予約

  • 札幌 矯正歯科はインビザライン専門の千仁会
  • 千仁会公式サイトはこちら
  • Staff Blog 千仁会の日常をスタッフがお届け

札幌で実績 No.1

  • インプラント無料診断
  • ホワイトニング
  • 医療費控除