インプラント治療を行った場合の医療費控除

インプラントの治療費が1年間で10万円以上かかった場合、医療費控除の対象となります。税務署へ確定申告届けを提出することで、治療費用の一部が返還(還付)されます。

60代サラリーマン男性(配偶者扶養1人)の場合

所得税の還付金額

(円単位)

  年収500万円 年収750万円 年収1,000万円 年収1,500万円
インプラント
50万の場合
40,000 80,000 82,700 132,000
インプラント
100万の場合
82,500 180,000 182,700 297,000
インプラント
150万の場合
107,500 280,000 282,700 462,000
インプラント
200万の場合
132,500 339,000 382,700 627,000

住民税の節税額

(円単位)

  年収500万円 年収750万円 年収1,000万円 年収1,500万円
インプラント
50万の場合
40,000 40,000 40,000 40,000
インプラント
100万の場合
92,500 90,000 90,000 90,000
インプラント
150万の場合
142,500 140,000 140,000 140,000
インプラント
200万の場合
192,500 190,000 190,000 190,000

※平成20年の適用されている税率より

年収が500万円で50万円のインプラント治療を行った場合、所得税還付金額「40,000円」+住民税の節税額「40,000円」「80,000円」の医療費控除となります。