arrow_circle_down arrow_circle_right arrow_circle_top arrow_down arrow_top case facility flow maintenance ope scroll voice


検索

ブログ
blog

ブログ

顎関節症について

明けましておめでとうございます!
ちだ歯科クリニックの有馬です!!
皆さん2017年はどんな年でしたか?
私は学生から社会人になって環境が大きく変わった年であっという間に1年が経ちました。
2018年は昨年よりももっともっと成長して実りの多い年にしたいなぁと思っています(^^)
プライベートもお仕事も全力で頑張ります(^^)

さて話は変わりますが、みなさんは日常生活でこのような症状が出ることはないですか?

顎関節やその周辺に異常を感じる。食べ物を噛む時に痛みや異常を感じる。
食事をしているとあごがだるい、口を動かすと顎関節に痛みがある、噛みしめると顎関節が痛い
口を開けたり閉じるする時に顎関節でカックン、コッキンというような音がする。
口が開けにくくなったり、口の開閉をスムーズに行うことができない。
口が左右にうまく動かない、開けにくい、あごが外れることがある。
もしこのような症状がある場合は『顎関節症』の恐れがあります!


顎関節症は軽い症状などを含めると日本人の約半数の方に発症すると言われています。
特に最近では20〜30代の女性に多いと言われています。

その原因として考えられているのが歯並びや、精神的なストレス、姿勢など原因は多くあり特定する事はなかなか難しいです。

ただ例えばですが指の関節を鳴らした時ポキっと音がなるように顎の症状が音だけの場合は軽い症状なので大丈夫です。ただ音を鳴らすのが癖になって関節が変形し、症状が悪化するケースもあるので注意が必要です。

また顎関節症が原因で起こる副症状もあります。
頭痛、首や肩・背中の痛み、腰痛、肩こりなどの全身におよぶ痛み
めまい、耳鳴り、耳がつまった感じ、難聴
眼のつかれ、充血、涙が出る
鼻の症状(鼻がつまった感じがする)
顎が安定しない、噛み合わせがうまくできない。
歯の痛み、舌の痛み、味覚の異常、口が渇くような気がする。
顎関節症が悪化することによって日常生活にも影響がでてきてしまいます。

ちだ歯科クリニックでは、顎関節症で悩んでる方にマウスピースを作り顎への負担を減らしたり顎のマッサージなどを教えています。
もしこのような症状がある場合はお気軽にお声かけくださいね(^^)!

この記事を家族・友達に教える

過去のアーカイブ
Archive

TOP